【情熱内陸】FPSで敵を倒しまくるのが快感!渋川市出身の関口くん(大学生・21歳)

SHARE

【情熱内陸】FPSで敵を倒しまくるのが快感!渋川市出身の関口くん(大学生・21歳)

『情熱内陸』とは

群馬の若者が「いまハマっていること」について語る、最高にロックなコーナーです。

人に誇れるとか、社会の役に立つとか、そんな綺麗事は関係ない。俺はコレが好きなんや!!!という熱い情熱を語ってもらいます。

 

 

第一回となる今回は、21歳の大学生である関口輝さんからお話を伺おうと思います。

 

関口輝(せきぐちひかる)

21歳、大学生。渋川市出身。

肩を噛まれるのが好き。

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain「こんにちは!今日はよろしくお願いいたします。」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「こんにちは。何聞かれるのか分かんなくて怖いんだけど。」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「今日は、関口くんが最近ハマっているものについてご紹介いただければと思って参りました。」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「ハマってるもの・・・?基本的にはゲームが好きですね。」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「ゲームというと、RPGとか格闘ゲームとかいろいろありますが、特に好きなジャンルとかはありますか?」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「うーん・・・強いて言うならFPSですかね。」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「FPSですか!あの銃で撃ちまくるやつですね。FPSが好きということは、もしかしてゲーム上手いタイプの人ですか?」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「まあ自分で言うのもなんですが上手いと思いますよ」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「なるほど。いつ頃からやっていたんですか?」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「高校2年生の時です

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「怖い。ハマりすぎ・・・。FPSの中でも特にやり込んだゲームとかってありますか?」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「あー、BO2ですね。」

 

BO2とは、「コールオブデューティ ブラックオプス2」の略であるそう。

 

 

 

知らない方のために簡単に説明すると、すごいいっぱい人を殺すゲームです。

 

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「(第一回目がこれでいいんだろうか)」

 

 

非現実的なところが楽しい

↑なぜかずっと床に座っている関口くん

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain「では早速そのBO2について詳しく聞かせていただこうと思います。まず、BO2の魅力とはなんでしょうか?」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain「やっぱり非現実的なところですかね。現実で人を殺したらダメだけど、ゲームだからいっぱい殺せます」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「いきなりバイオレンスな感じで当サイトの存続がヤバいのですが、持ち掛けたのはこっちなので続けます。ハマっているとのことですが、1日にどのくらいプレイされるんですか?」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「最近は卒論や就活で忙しいので毎日はできないんですが、暇な日は10時間くらいやりますね。」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain「10・・・時間・・・?自分はモンスターハンターにハマってた時期がありましたが、最長でも6時間くらいです。10時間は想像がつかないです・・・」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「あ、最長は16時間くらいです。」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「生活時間が全部ゲームだ・・・なんかの病気になりそう・・・」

 

 

敵を倒した瞬間が快感

f:id:ichinei13:20161109160629j:plainプレイしている中で、一番サイコーな瞬間ってありますか?」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「やっぱり人を殺した瞬間ですね。」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「具体的には、どんな風にですか?」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「連続でぶっ殺した時ですね!

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「たのしそう」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「自分がいかに死なないかが大事なんです。連続キルは快感ですよ」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「武器とか種類があると思うんですけど、これからFPSやるぞ!って人にオススメの武器はなんですか?ここまで読んでBO2を始めたいと思っている方もいるかもしれないので、がっつり語っていただきたいと思います。」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「やっぱりアサルトライフルが無難ではないでしょうか。AN-69、通称アバカンはとてもオススメです。最初の2発のレートが0.2秒なので、敵に直面して同時に撃った時に先に倒せます。あとはこれもアサルトライフルで、AK-47。上位武器に見られがちなんですが、実は現実ではかなり量産されてる武器なんです。量産だから見た目がシンプルだけど、使い勝手がいい。でも一番使ってて楽しいのはレミントンですね。近距離用のショットガンなんですけど、一撃で人を殺せるという点が楽しい。またショットガンの利点として、武器の中では軽い方なので機動力がありますね。戦場の中でも最前線に出られる武器です。旧ソ連ではサブの武器として、家に置いておく護身用としてショットガンを持っていたらしいんですが、ゲームだから戦場に持っていける。ありえなくてマジでウケますね」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「アバカンまでは聞いていたのですが途中で寝てしまいました。最後にウケてるみたいですが何故かはわかりません」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「まあとにかく、たくさんの武器があって色々な方法で人をぶっ殺せるのがクソ楽しいので今から始めるのも全然アリだと思いますよ!」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「ありがとうございます。あと、やっぱり『人を殺す』っていう表現やめましょう。これからは『敵を倒す』でお願いします。」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「あ、はい、わかりました・・・。」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「なんでちょっと悲しそうなんですか」

 

 

 

 

初心者は「チームデスマッチ」モードがおすすめ

↑負けている時と勝っている時の表情の違い

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain「もし初心者の人がBO2をやるなら、最初はチームデスマッチがオススメですね。」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「チームで戦う、ということでしょうか」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「はい。オンラインで対人戦ができるんですが、このモードでは先に75回敵を倒したチームの勝利になります。だから、強い味方がいれば助けてもらえるんです」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plainそれはいいですね!戦場にある絆みたいなものが垣間見えたりして。」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「ただし実際の戦場でもそうですが、弱い人はチームの足を引っ張っていることに気づいてほしいですね。誰がお前らの尻拭ってると思ってんだと。戦力にならないやつは消えて欲しいです

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「全然絆とかなかった」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「むしろ味方と戦うゲームと言っても過言ではないですね。」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「悲しい世界ですね」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「こっちはガチですから」

 

 

気持ち良く終わらないとやめられない!

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain関口くんがBO2をやるにあたって、心がけていることはありますか?」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「『気持ち良く終わらせる』以外にないですね。何時だろうと、どれだけ疲れていようと、最後は完璧な勝ち試合でないとやめられません」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「勝ち逃げするってことですか・・・?」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「そうですね。調子が悪くて負けまくってる日なんかは無限にやり続けます

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「なるほど・・・どうか体を大事にしてください・・・。最後に、これからBO2を始めるかもしれない人にメッセージをお願いします!」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「本当に楽しいので、ぜひやってみたらいいと思います。」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「でも初心者が来たら怒るんですよね?怒られるのは嫌だなあ」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「怒りはしませんよ!心の中で『邪魔だなー』と思うくらいです。」

 

f:id:ichinei13:20161109160629j:plain 「辛辣ですね。本日はありがとうございました!」

 

f:id:ichinei13:20161109150238j:plain 「こんなんでいいんですか?ありがとうございました。」

 

 

 

というわけで、第一回は関口くんにFPSゲームについて語っていただきました。

 

私はゲームが苦手なのですが、この世界を知らずに死んでしまうのは勿体無いような気がしました。

関口くんが現実で人を殺していないことを祈るばかりです。

 

次回もお楽しみに!

(Visited 20 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です