群馬でザリガニが釣れる場所と時間は?クズ3人が挑む。

SHARE

群馬でザリガニが釣れる場所と時間は?クズ3人が挑む。

こんにちは。市根井です。パジャマで失礼します。

 

五月病という言葉がありますね。

五月病とは

新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。

(Wikipediaより)

まだ4月ですが、僕は最近すごい眠いし、すぐに腹が減るのできっと五月病なんだと思います。

このまま5月に突入したら本格的に精神を病んでしまいそう。怖い。

 

対応策

気分転換をし、ストレスをためないよう心がけるのが良い。ただし、食事やアルコールに頼りすぎる事は、摂食障害や急性アルコール中毒など、別の問題を引き起こす可能性があるため、あまり勧められない。中学校や高校など、以前の環境の友人と会うのも良い。

(Wikipediaより)

なるほど。

ラーメンを食べるのも危険、ビールでハイになるのも危険と。

ということは、スポーツとかがいいのかな?いや、スポーツは苦手だな・・・

 

こうなるともう、川でザリガニ釣るくらいしかやることねぇのでは???

 

というわけで

来ました。

 

ちなみにメンバー構成はこうです。

集まってから気づいたのですが、誰も新環境に行ってないので五月病を危惧する必要はありませんでした。

 

 

ここまでステータスが終わってる3人が集まることも中々レアなので、ザリガニ釣りにルールを設定し、より楽しみたいと思います。

ルール1:ザリガニをより多く釣った者の勝利。

ルール2:制限時間は15時〜20時の5時間。

ルール3:最下位は全裸で川に入ってザリガニになり、今後に活かす。

それでは、参りましょう。

 

簡単な竿作ってザリガニ釣りしようぜって言って招集したのに、なるせだけ漁師みたいな格好で来たのでちょっと引いた。

 

1. 安中市のよくわからない川

最初の釣り場は、安中市のよくわからない川です。

 

「ここどうやって入るの・・・?というかここはどこなの・・・?」

「ここは俺の実家の近くの川だよ!昔ここでザリガニ乱獲した記憶があるから絶対釣れる!」

「降りるの怖い。」

 

さきいかを糸の先に結びつけて・・・

 

いざ!

.

.

.

〜40分経過〜

.

.

 

 

「釣れた!!!」

「ファーストブラッドを取られたか!」

 

「赤ちゃんザリガニじゃん」

「ノーカウントで。」

 

 

「あっ!!!俺も釣れたぞ!!!ちゃんと成ザリガニ!!!」

「成ザリガニって何?」

 

「死骸じゃん」

「ノーカウントで。」

 

そのあと30分ほど粘ったものの、生きた成ザリガニが姿を現すことはありませんでした・・・

 

 

 

2. 浜川運動公園

カスすぎたので場所を移動しました。高崎市、浜川運動公園です。

「そうそう!こういうところよ!めっちゃザリガニいそうやんけ!」

 

「子供が集まってきたぞ・・・」

「お兄ちゃんたちはYouTuberなの?」

「そうだよ」

「子供に嘘つくのやめようよ」

「やっぱそうだよね!見たことあるもん!」

「お前も嘘つくんじゃねえよ」

 

「お前は子供に労働させるな」

 

「こういう風に岩場を狙えば釣れるのでは・・・」

 

「ダメだ、全然釣れねえ」

 

 

「釣れたで!!!!!!」

「マジで?」

 

「ほら!!!!!!!!」

「やっとか!!!!!」

「でも網で捕まえたのを釣ったと言わないでほしい」

 

その後、さらになるせが1匹捕獲したところで場所を移動することにしました。

リードを許してしまった2人に勝ち目はあるのか・・・?

 

 

↑「市根井がザリガニになるの見てぇな〜〜〜!!チョキチョキ!!!!」とか言ってるアマデウス。ぶん殴ろうかと思った

 

3. 乗附緑地

というわけで高崎市・乗附緑地にやってきました。

時刻は18時を回っているので、ここがラストになりそうです。

「さっそく食いついた!!!!!!釣れるかもしれない!!!!!」

 

「釣れったッ!!!!!!!!!!」

「うわ、ホントに釣れてる」

「葉っぱの中にいるっぽい!ここらへんで釣るとよろしいよ」

 

 

 

「ほんとだ!!!すげぇ釣れる!!!!」

 

 

「な?」

「うっぜぇ〜〜〜〜〜」

.

.

.

〜1時間経過〜

 

 

 

「暗すぎて照らさないと何も見えない」

「制限時間が迫ってきている・・・」

「絶対にザリガニになりたくない」

3箇所目にしてやっと釣れるようになってきた一同、結果はいかに・・・!

 

 

結果発表

「終了ーーーー!!!!!!!」

「いや結構釣れたと思う。最下位は絶対にない。」

「俺もかなり釣れたわ、ここ最高」

 

かなりの自信ですが、どのような結果になったのでしょうか。

 

アマデウスの結果

8匹

「岩の陰、草が生い茂ってるところで1分くらい待ってるとほぼ必ずかかるので楽勝でした。」

 

なるせの結果

2匹+12匹=14匹

「ひとえに網の力です。」

 

市根井の結果

4匹

「後半ダメダメだった。餌を垂らすと猛スピードで後退される。なんなのあいつら。」

「でもこの真ん中のやつ超でかいから10匹分くらいカウントしてもいいよね」

「採用!」

 

市根井の結果

13匹

「はーーーーーーー?ふざけんなよ!俺が最下位になるだろ!」

 

「活きがいいねえ!」

「活きがいいので、さらに10ポイント」

「ポイント制だったっけ?」

「うるせえよ、早くザリガニになれ」

「ひぃ〜〜〜〜〜〜〜!!!!」

.

.

.

お疲れ様でした

ということで、大の大人が平日の昼過ぎから全力でザリガニを釣ってみました。

今回わかったザリガニ釣りのポイントとしては、

1. 夕方以降にならないと全然釣れない

2. 狙ったポイントで1分以上待つ

3. 椅子を持って行った方がいい(腰が痛くなる)

という感じです。

夕方以降であればかなり簡単に釣れるので爽快感がヤバいです。レベルマックスで最初のダンジョンに行ってる感覚。

かかった費用も竿代250円、糸代400円、餌代100円、バケツ300円程度で、かなり安価だと思いますので、五月病対策に非常にオススメと言えるでしょう。

 

ただし僕たちのような社会不適合者の場合は、ザリガニなんか釣ってないで真面目に生きた方がいいと思います。

それでは、次回の「アマデウス、ザリガニになる編」でお会いしましょう。

 

釣ったザリガニはリリースしました。

(Visited 259 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です