【大切なことを残して伝える。goomaのWEBコンテンツ制作】詳細はこちら

秋の音を食べる

アホみたいに暑い夏がやっと終わって、秋がやってきましたね。僕は秋が大好きです。

カラッと涼しく、田んぼは黄金色に輝いて稲穂が垂れ、上空にはうろこ雲が広がる。こんなにも穏やかな気持ちになれる秋。なんて素晴らしいんでしょう。

そして秋は静かな季節。植物は枯れはじめ、お休みの準備に入る。人間は祭り支度を仕舞い、読書にふける。あたりに響くは、コロコロコロコロ……リー、リー、リー、リー……という優しい音。

 

この音が本当に秋を秋たらしめるというか、我々の聴覚に良い刺激をもたらす気がしています。ああ夏が終わったんだな、マジで秋が来たんだなと確信するのは、毎年決まってこの虫の音を聴いた日から。

でも本当は、もっともっと、大好きな秋の音を感じたい。耳だけじゃなく、目から、口から。この身体にくっついている全ての器官から「秋要素」を染み込ませたい。

そして僕は考えました。「この音を食べよう」と……。

味覚からコオロギを感じよう!「コロコロピラフ」の作り方

材料

  • 硬めに炊いたお米  150g
  • ミックスベジタブル 30g
  • コオロギパウダー  20g
  • オリーブオイル   大さじ2
  • にんにく      2
  • 醤油        おおさじ1
  • 塩         適量
  • 胡椒        適量
  • パセリ       適量

調理方法

弱火でオリーブオイルを温め、薄く切ったにんにくを炒める。

そこにコオロギパウダーを半分加えて少し炒める。

お米を入れた後、ミックスベジタブルを加え混ぜる。

最後に残りのコオロギパウダーを入れ少し香りを飛ばし、醤油を回し入れ、塩胡椒で味付けをする。

素材の味を楽しみたい場合は薄味で。

オリーブオイル、ニンニク、コオロギが香るピラフです。少しパウダー感は残っていますが、特別変わった味がするわけではありません。

コオロギ豆知識

コオロギは食品のなかでもタンパク質含有量が高く、赤身の牛肉でさえ「グラム当たり3割」なのに対し、コオロギは「グラムあたり7割」。「動物性タンパク質を効率的に摂取したいな〜!」と思った時はコオロギがオススメです!

エビ風味!「秋の夕暮れシーフードカレー」の作り方

材料

  • シーフード      200グラム
  • 玉葱         1
  • 人参         1
  • じゃがいも      2
  • サラダ油       適量
  • 市販のカレールー   1
  • コオロギパウダー   30g

調理方法

準備. 野菜の皮をむいておく。

①肉と野菜を一口大にきる。

②フライパンにサラダ油をひいたら中火で肉を炒める。

③野菜を加え、たまねぎが透き通るくらいまで炒める。

④コオロギパウダーを加える。

⑤水を加えて1520分煮込む。

⑥カレールーを加えて完全に溶かしながら10分煮込んで完成。

カレー粉にコオロギパウダーを混入させて作る秋ならではのカレー。カレーってやっぱりすごい、何を入れてもカレーのまま。

コオロギはエビに似た風味があるので、イカや貝類などと一緒に煮込めばシーフードカレーが完成します。

コオロギ豆知識

家畜と比べて、育てるコストがめちゃめちゃ低いのもコオロギの特徴。牛の体重を1kg増やすためには約10kgの飼料が必要なのに対し、コオロギ1kgにかかる飼料は2kg~3kg。しかも1ヶ月で成虫になります。もう食べるしかなくない!?!?

参考:https://biz-journal.jp/2017/01/post_17824.html

コオロギのダシが決め手!「秋風のコンソメスープ」の作り方

材料

  • にんじん               1/2
  • 玉ねぎ                1/2
  • バーコン                2
  • コオロギパウダー  10g
  • コンソメ                適量
  • 塩胡椒                 適量

調理方法

①にんじんはサイコロ切り、玉ねぎは薄切りに。ベーコンは1cm幅に切る。

鍋ににんじん・玉ねぎを入れて火にかけコオロギパウダーを入れ、フタをして7~8分ほど煮る。

③ベーコンを加え、7~8分煮る。塩・胡椒で味を調える。

たまに蛋白な風味が現れるコンソメスープ。超簡単に作れるみたいです。多少のパウダー感はありますが気にならない程度なので、ご家庭でもお試しくださいね。

コオロギ豆知識

この3食だけでコオロギ100匹ぶんくらい入ってるらしいです

「食べたくない」だけで損してない?昆虫食の可能性は無限大

「自分はコレ食べるんで」とインスタントうどんを持参。なんで?

これらの料理を作ってくれたのは、FUTURENAUT(フューチャーノート)合同会社の代表・桜井さん。

未来の食文化を創造する大学発ベンチャーで、桜井さんは高崎経済大学の学生でもあります。

食糧不足に対する懸念→従来の畜産は持続可能性に問題あり→新しい食文化、家畜に代わる動物性タンパク質として昆虫食を。という想いのもと、昆虫を使ったプロダクトを作っています。

 

「おやつにどうぞ」と貰ったコオロギのビスコッティは、コオロギを全く感じない、ただただ美味しいお菓子。

そう、彼が実現したいのは昆虫を食文化のひとつにすることだから、味はなるべく普通であるほうがいいんです。今回いろいろ食べさせてもらって、予想以上の美味しさに「これなら全然イケるな」と思いました。

 

現在世界的に昆虫食が話題になりつつあることから、タイの農家の中で「コオロギの飼育」が仕事として確立しはじめたそうで、FUTURENAUTではそこから輸入しているとのこと。コオロギが売れるようになれば工場ができるわけで、工場ができれば雇用が生まれ、経済が回り始める。

いままで意識することのなかった昆虫をひとたび「食材」と認めれば、それだけで本当にたくさんの恩恵を得られる可能性があります。

みんなも秋の音を食べてこ!

 

FUTURENAUT合同会社

公式サイト

Twitter

Facebook